フォト

デライラの庭

勇気凛々

月と黒猫の夜

チカチロさんは静かに過ごしたい

続しっぽふりふり

小春日和

YUKA-LOG Ra/Ra

無料ブログはココログ

2017年5月16日 (火)

ロニーの魅力♪

今日は、今私たち親娘がはまっているボーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオの命日です。
あの小柄な体格からは想像できないくらいパワフルな歌声の持ち主です。
フレディもそうですが、ずっと聴いていたい歌声なのに、もうこの世にいないなんて惜しいです。

とういことで、前にも紹介したDioのCDから2曲を紹介します。
今度二人でカラオケに行ったらDioの曲を歌おうと言っています。
ちゃんと歌えるように真剣に聴こうnotes

まずは娘が気に入っている曲 ↓

Holy diver

1983年オランダでのLIVEです。
声の出し方が本当にバラエティに富んでいて、伸びやかな時もあれば濁声で力強い声の時があり、頭から離れないで困っているそうです笑




次は私のお気に入り ↓

Don't talk to stranger


この「Don't talk to strangers」のスタジオ版は、貴公子時代のフレディを思わせるような美しい歌声で始まります。
その後、1分6秒後あたりでいきなり力強く突き抜けるような歌声に変わります。
そして1分20秒後あたりからの半音下がった歌い方も気に入っていますgood
所々で聴こえる濁声もパワフルでいいsign03
曲調によって様々でこういう歌い方ができるのは、フレディの他にロニー・ジェイムス・ディオくらいしかいないのでは?
他のアーティストにはなかなかできない歌い方だと思います。
2分30秒後あたりからはギターソロが始まります。
特にかっこいいと思う箇所が2分45秒後あたりからロニーの歌声が入ってくる3分20秒後くらいまでです。
思わず聴き入ってしまいますconfident




そしてこれだけでは足りず、昨晩は夕飯時に1977年のにミュンヘンでやったRainbowのLIVEを皆で堪能しました。
元気だったロニーの歌声に酔いしれました。
ロニーの歌うときの仕草の癖は指をやたら動かすところです。

このLIVEでは、ドラムがコージー・パウエル(この人も亡くなってしまったcrying)。
ギターのリッチー・ブラックモアは相当機嫌が良かったらしく、その様子に大笑いしました。

Kill the king

リッチーの機嫌が良い動作 ↓

1分22秒後、後ろ姿でわかりにくいかもしれませんが腕を上げています。
2分51秒後のギターソロが始まるあたりはにやけています。
3分6秒後にはソロにすっかり入っている様子で頭を揺らし始め、3分10秒後にはやたらと何回も腕を上げる仕草をしています。




他にも良い曲がありますので、また紹介しますねpaper

2017年5月 6日 (土)

ジョン、どうした?

先日、本当に久しぶりにQueenのウェンブリー公演を観ました。

その中で、ジョンの動きに大笑いしましたhappy02




Queen 「Crazy little thing called love」

この曲では、ブライアンのギターソロあたりからの盛り上がりが見所ですgood

そうそう、ジョンの動きについてでしたね。

始まって1分41秒後あたりから、ジョンもノリノリになり体全体で表現するようになってきますnotes
そして、究極は2分10秒後あたりのジョンの動きsign01
左右にチョップpaperupwardrightチョップpaperupwardleftしています。
盛り上がって嬉しくなっちゃったのでしょうね、珍しい瞬間です。

これを見た瞬間、同じ場所で娘と大笑いしました。
夫だけ「何があったの?」とわからなかった様子です。
やはり母娘は見るところが一緒だな~と妙に感心した日でした。





6720046072

ジョン「ちょっと~、もう言わないで」


2017年5月 4日 (木)

誕生日にCDの購入♪

先月の娘の誕生日プレゼントとして、新しくCDを購入しました。

Img_2633_2

Img_2635_2


ご存知、あのロニー・ジェイムス・ディオ率いるバンド、DIOです~

早速聴きましたら、う~~ん、いいsign03
もう最高~
声がいいんですよ。

娘はRainbow時代の「Gates of Babylon」「Stargazer」のロニーの声に聴き惚れての購入です。
娘が言うには初めて聴いたのが小2だったというから、今思うと驚きです。
私の車の運転時のBGMとして流していたのが最初だったようです。

Rainbow 「Gates of Babylon」




前にもDIOの曲(「We Rock」)を紹介したことがありましたが、今娘がロニーになりきり真似をするのが「Raibow in the Darksign01」というワンフレーズです。
よくここまで似せてできるものだわと感心しちゃいます。


DIO 「Rainbow in the Dark」

ロニーの声、あの小柄な体からは想像できないくらいの声量ですgood
娘が言うには「フレディの次くらいに気に入っている」とのこと。
ギターソロもGoodですよ~

他にもいい曲が沢山ありました。
またの機会に紹介しますね~


2017年5月 3日 (水)

5月

5月になりました。
新緑が美しく清々しい季節です。

娘の部屋の卓上カレンダーです ↓

Img_2631_2

娘に「何でこの写真を5月に選んだの?」と聞いたら「忘れた・・・」そうですcoldsweats01
ちなみに、私、これと同じような柄のランニングを今日着ています。
フレディとお揃いで嬉しいsign01(って、どこにでもあるか・・・)

最近更新をさぼっているので、今月は頑張りますsweat01

2017年4月 7日 (金)

4月

3月のカレンダーを紹介したばかりなのに、もう4月sign01

Img_2545_2

今日の雨で桜が散らないよう祈っています。


4月のオリジナル卓上カレンダー ↓

Img_2561_2

Quuenが初来日したのが4月ということで、こちらを選んだそうです。
フレディが居るのは名古屋城です。
横顔もなんて素敵なんでしょう~heart04

ちなみに、うちの娘はフレディがかけているサングラスと同じタイプが欲しいと言って購入しました。
妙に合っているから不思議。
フレディになりきってかけています。




さて、ようやく見ることができました~sign03

え、何をって?

読者さんに「QueenのKeep yourself aliveがCMで流れている」情報を以前教えていただいたのですが、ずっと見たことがなかったのです。

正確に言うと・・・
夫が朝このCMを見て録画しておいてくれたものを見ることができたというわけです。

最後に「Keep yourself alive」という文字が出て、かっこいい~shineshineshine
娘も私も大喜びしましたhappy02
トヨタ、偉いsign03
今度車買い替えるならトヨタかもね?

Img_8100_2

QueenファンはCMで流れると皆喜んでいるのでしょうね~


2017年3月26日 (日)

3月(カレンダーと誕生日)

あっという間に3月も末になってしまいました。
更新が滞っていますが、Freddiest Familyは皆元気です。

桜が開花し、来週辺りが見頃となりそうですねcherryblossom
毎年この時期はウキウキします(花粉症を除けば・・・)

3月のオリジナル卓上カレンダー ↓

Img_2518_2

フレディがクマのぬいぐるみを抱っこしていて可愛いheart04





さて、3月は私の誕生月でもあります。
先日は、フランス料理のレストランでお祝いをしてもらいましたrestaurant

Img_7860_2

前菜
娘はここの前菜はいつも美味しいとお気に入りです。

Img_7861_2

あさりのクラムチャウダースープ
アツアツのスープ。
乳製品が苦手な私ですが、ここのは美味しくいただけるのです。

Img_7862_2

メインの魚料理。(たしかスズキだったと思う)
付け合わせも美味しいのです。

残念なことにお肉料理を撮るのを忘れましたsweat01
仔牛の煮込み料理と鴨のローストだったかな?

Img_7863_2

デザート
フルーツの盛り合わせとチェリーのソルベ(娘のオーダー)

この辺りから、夫が酔っ払い、私たちは警戒しています。
お店の方が飲み物は何が良いか聞いてきて、夫はいきなり「はーいpaperコーヒーをお願いしまーす」と手を挙げて言うのです。
お店の方は戻りながらクスクスと笑っていたみたいでした。
そして、このチェリーのソルベを夫がいちごと見間違い「あっsign01○○ちゃんのだけ、いちごが多いぞsign01」と大声で恥ずかしい発言bearing
娘「・・・」
「違うでしょ~これはソルベでしょ」と説明した私。
夫は自分の間違いに気づき「あっ、そうなのsign02やだね~せこいね~」と大笑いで返事をしていましたcoldsweats01
この会話もお店の人に聞こえていたと思います。
夫はいつも酔っぱらうと何かしらハプニングを起こしますので、お店の人は「またこの人sign01」と免疫がついてきたかもしれませんね。
ま、夫のお陰で(?)楽しい時間を過ごせました。

Img_7865_2

夫と娘がお店の方に誕生日と伝えていたので、私のお皿にはHappy Birthdayの文字と花火がshine
嬉しい心遣いです。

Img_7868_2


Img_2500_2

お店の人に撮ってもらいましたcamera


Img_2497_2

娘からもらったプレゼントpresent
私の好きな色がオレンジなので、こんな感じにしてくれたそうです。



アラフィフともなると、誕生日は微妙な気持ちになりますが、皆健康で何事もなく誕生日を迎えられることに感謝ですね。
皆、ありがとう~happy01


2017年2月 5日 (日)

2月になりました

更新がなかなかできず・・・
あっという間に2月になってしまいました。

まずはうっかり忘れていた1月のカレンダー(娘のオリジナル卓上カレンダー) ↓

Img_2348_2



2月のカレンダー ↓

Img_2349_2

「なんで2月をこの写真にしたの?」と娘に聞いたところ、「2月に来日した時の写真だから・・・たしかね」と言っていました。本当かどうかわかりませんが、そういうことらしいです。
うつむき加減のフレディ、シャイな感じが出ていていいですねgood



去年購入したKISSの舌出しカレンダーもありましたsign01
日付部分を切り取って使用します ↓

Img_2350_2




前回までのBBCセッションの感想、続けようと意気込んでいましたが、早くもなんか面倒臭くなってきました笑
気まぐれに載せようと思いますm(_ _)m

2017年1月13日 (金)

Queen BBCセッションの感想 Part2

前回に続き・・・
今回もDisc1からです。

Disc1
Liar(1973年2月5日)

まず、1分38秒後くらいからの「Liar~♪」のコーラスの後、フレディが「オ~」とのびやかに歌っていたり、「アウ!」と小声で言ったりしているのが聴くことができます。
3分1秒後からギターとともに歌が入るところなのに、こちらではギターしか聴こえませんね。
3分25秒後からは「Liarsign01」と、ロジャーの張り切ったコーラスが何回も聴こえます。張り切っているというか、怒鳴っているというか笑
とにかくロジャーの元気な歌声ですhappy01
4分27秒後あたりでフレデイが「Mama I'm gonna be your slave」歌っているところは、「beupwardright yourdownwardright」と声が上下しているのが目立ちます。
4分40秒後くらいからの「All day long」の繰り返しでのフレディの声もすごくいいですsign01




Disc1
Ogre Battle(1973年12月3日)

これ、本当にいいです。
小さなライブ会場でフレディがすぐ近くで歌っているかのよう。
まだ若い素朴な感じが可愛いheart04
「~tion」という発音の音がすごく鮮明に聴こえますgood
2分44秒後あたりの「Look out」と歌うところからは、フレディの透き通る声と濁声が交互に交じり合った感じの歌い方となっていて、フレディならではの歌い方のひとつですね。
3分20秒後あたりのギターソロが既存のCDとはまた違った感じです。
その後、3分40秒後あたりから、ギターソロの後のフレディの歌い方も良く、「Forever more~~♪」が一生懸命な感じが出ていて凄くいいですhappy02
Ogre battleはこんな感じでしょうか。




Disc1
Great king rat(1973年12月3日)

この曲はロジャーのドラムの音が乾いた感じでいいですね。
1分40秒後のギターソロが始まる前、フレディの「Let me show」という声が鮮明に聞こえます。
その後のギターソロもいいですね~~既存のCDのソロとはまた違う感じです。
2分30秒後くらいの「dirty old man, dirty old man」と繰り返す歌い方も変えています。
4分16秒後くらいから皆で「Come on, come on the time is right~」と歌い、フレディの「before~」と伸ばすところは最高潮に盛り上がっています。

簡単ですが以上です。

このBBCセッションの中で気になるのが、Queenが一生懸命歌った後のナレーターの声がひどく冷めた感じ。
もっと盛り上がって紹介してほしかったわ~

Part3もできたら書きますpaper

2017年1月 9日 (月)

Queen BBCセッションの感想 Part1

すっかりご無沙汰しておりました。
年末年始のバタバタdashから少し落ち着きを取り戻してきましたconfident

QueenのBBCセッションを購入してから、日数が経っているのにまだじっくり聴けていませんcrying

少しずつですが、感想をUPしますね~

Disc1(録音:1973年2月5日)

My Fairy King

全体的に歌い方が微妙に違っていて、色々試行錯誤して作られた曲なんだなぁと思いました。
フレディが「こっちの方がいい」とか言って、色々変えたのかもねwink

冒頭のフレディが高音で囁きながら歌うところ(←可愛いhappy02、始まって約50秒後あたり)で、フレディの低音の声が重ねて録音されていたのが新鮮な感じがしました。
2分5秒後あたりでも別のフレディの声が聴けて嬉しいsign01
こうしてフレディの違う歌い方を今になって聴けることは、ファンにとって感激ですね。

3分40秒後あたりからのブライアンのギターも、既存のCDとは違ったメロディで弾いていたのも注目すべきところです。



Disc1(録音:1973年7月25日)

Keep Yourself Alive

まず始めに気付いたのが、全体的に歌の区切りごとに単語の最後の音を伸ばしながら歌う傾向があるということです。
2分56秒後あたりの「Do you think you're better everyday~」と、通常ではロジャーが単独 or ロジャーの声が目立つ箇所ですが、こちらではロジャー以外の声も聴けます。多分、フレディとブライアンも歌っているのでは?(ジョンはここでもいないと思う)
3分22秒後あたりからはコーラスの盛り上がりを感じますgood「come on、come on~」のところ辺り。(いい加減な説明笑)




今日はここまでにしますpaper
Part2の感想をUPできるよう頑張ります。

2017年1月 3日 (火)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

2017年もよろしくお願い申し上げますshine

Queenin19741


«Merry Christmas!