フォト

勇気凛々

落ち葉色の猫

小春日和

無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月26日 (月)

誕生日だワン!

今日は愛犬コロの15歳の誕生日です。

Img_2736_2

birthdayコロ、お誕生日おめでとう~birthday

だいぶ鼻の周りが白くなってきましたが、朝夕の散歩は欠かさず元気ですよ~
15歳は人間で言うと80歳くらい?

娘が小学校一年生の頃からずっと一緒にいます。
娘の弟だったのが、いつの間にか歳を越されました。

今では近所でコロよりも年上のワンちゃんがあまり見当たらなくなってきてちょっぴり寂しい気分ですが、歳のわりに気持ちは若いのか、まだまだワンちゃんの友達と遊ぶのが大好きです。
甲斐犬にしては優しい性格なので、小さいワンちゃんから大きいワンちゃんからまで慕われて人気者ですdog

Img_2696_2

同じ甲斐犬で仲良しの女の子と ↑


甲斐犬は狼に似ていて怖いイメージだけれど、私たち飼い主には絶対に逆らわず甘えん坊です。
家の中に居るときは本当に静かですが、飼い主以外の人にはなかなか懐かず番犬としての役目を果たそうと吠えてうるさい時もあります。
有難いことにご近所の奥さまからは「コロちゃんがいると吠えてくれるから安心よheart」とご理解いただいています。
コロが子犬の頃からご存知の方に時々道でお会いすると、「コロちゃん元気ね~いつまでも元気でいてね」とお優しいお言葉をいただき、コロも尻尾を振り振り嬉しそうですdog

犬にとって時間の経過は人間よりも格段に速いものです。
できるだけ長く一緒に居られるよう、時間を大切に過ごそうと思います。
いつまでも元気でいてね、コロdog

Img_2725_2

「がんばるワンsign01

2017年6月24日 (土)

ジョンの服と髪型

前の記事の続きです。

ジョンの服や髪型の変遷をざっとまとめました。


Queen初期の本当に若い頃は、ジョンも髪が長く女の子みたいに可愛かったですね~heart04


Queentheoriginal_2

↑左から2番目がジョン。ちなみに、このフレディ、かっこ良過ぎsign01


2009761943128805_2


1971_rickenbacker_2


9112002449_2


下の写真からは、髪を切ってさっぱりしました。

1111994832267_2


4720042383_2



もう少し後になって。

5620034397


1350614c9ab4b5d33e2fee7e5cd842a3_2

↑上下同じ色の組み合わせが気に入っていたのかな?




ここからは、ウェンブリーLIVEまでパーマをかけた時代です。
服装もだいぶラフになってきました。

Th4


111881922199_2





短パンがお気に入りの頃。

3620031472_2

111409163882


28

「短パン、楽でいいよ~」





ジョンの服装でもう一つ気になったのが、Don't stop me nowのPVで、フレディは革ジャンであるのに対し、ジョンは何でもないシャツにチョッキsmile

Dontstopmenowqueen13367704500281

↑フレディ


Dontstopmenowqueen13367705500281

↑ジョン

ジョン、いい味出ていますgood


2017年6月16日 (金)

ジョンの靴下

私がいつも言ってしまう癖です。
それは・・・

「ジョンの靴下」

何のことかとお思いでしょうが、この一言で、娘も理解できます。


ジョンの靴下とはこれ ↓

Img_2730_2


Queenファンならお分かりかと思いますが、この独特の色合いのブルーがジョンの服の色に似ているのです。

ジョンの服 ↓

1350614c9ab4b5d33e2fee7e5cd842a3




フレディと一緒のジョン ↓

Queenliveonstageatthemiltonkeynesbo




ちなみに、この靴下は娘のなのですが、パンツから少し見える独特のブルーが着こなしの邪魔をするので少々厄介ですcoldsweats01
家専用の靴下です。

2017年6月10日 (土)

笑顔が可愛い♡

ここのところ、ロニー・ジェイムス・ディオに夢中な我が家note
もはや過去動画の追っかけになっていますhappy02

新たにロニー時代のBlack Sabbathからかっこいい曲を見つけましたsign03

「Die young」


2分25秒後からこぶしを握り始め、2分40秒後からの「Die young」の歌の繰り返しがあるのですが、やたらと笑顔と手のポーズもところどころあり、可愛いです。
マイクさばきもちっちゃいから回すのを慎重にしています。

トニー・アイオミのギターもかっこいいですsign03
軽く速弾きするところが憎いじゃありませんか~

ロニーの歌はいつもながらド迫力のカッコ良さであるのは言うまでもないのですが、合わせて見せる笑顔がたまらなく可愛いのですheart04

2017年6月 7日 (水)

6月

6月のカレンダーを載せるのを忘れていましたsweat01

娘の部屋の卓上カレンダー ↓

Img_2704_2

ミルトンキーンズのLIVEでのフレディです。
6月に行われたのでねwink
なんて綺麗な鼻shine


2017年6月 4日 (日)

ロニーの追っかけ!?

先日、ロニー・ジェイムス・ディオが率いるバンド「DIO」のCDを買って以来、我が家ではロニーの虜となっていますheart04(フレディごめんね~)

DIOだけでなくRainbowやBlack Sabbathに在籍していた頃のロニーの声も聴きたくなり、娘は新たにCDを買ってしまいましたcoldsweats01

これ ↓

Img_2702_2


Rainbowの「Rising」 はたしか兄が持っていて、懐かしいと思った曲がありました。
30年以上前に聴いた曲なのに結構覚えているものだな~と驚きました。

Black Sabbathはオジー・オズボーンがいたことくらいしか知らず、ロニーも在籍していたとは知りませんでした。
Rainbowを脱退した後に入ったみたいです。
Rainbowが「I surrender」など軽い感じに変わっていった時はロニーはいなかったことから、ロニーはもっとヘビーなものをやりたかったのだろうなと思います。
小っちゃくて可愛い容姿なのに、意外にも自分の信念を貫いた姿勢に惚れ惚れしますgood

今我が家で流行っていることとして、夫の許可を得た日には、YouTubeをテレビに繋ぎ、DIOのかつてのLIVEを見ながら夕食をとっています。
お気に入りは1985年の日本公演ですshine

今日はその中から一番気に入っている曲を紹介します。
今回購入したBlack SabbathのCDにも入っています。

Heaven and hell

とても重厚で荘厳な曲でロニーにしか歌えない曲だと思います。
これほどまでかっこいい曲はそうそうないsign03
途中、観客との掛け合いがこれまたいいsign03
生でロニーの声を聴きたかった・・・なんでロニーのLIVEに行かなかったのだろうと後悔していますcrying

LIVEで見せるロニーのステップも可愛いぞheart04
背が低いと感じさせないくらい素晴らしいステージです。
「この瞬間の顔の表情がいい」
「一瞬知性を感じさせる横顔」(大学で薬理学を勉強していたらしい)
などなど娘と絶賛している様子に、夫は「そんなにいいの?」と笑っています。
もはやロニーの追っかけsign02
フレディ、ごめんね~


他にもまだまだいい曲が沢山あり、少しずつ紹介したいと思います。
またお付き合いくださいね~paper

2017年6月 2日 (金)

おっさんフレディ

5月は更新を頑張ろうと思っていたのに、もう6月になってしまいました。


さて、先日はウェンブリーのジョンについての記事を書いたのですが、フレディにも新たな発見がありましたsign03



「Is this the world we created・・・?」

LIVEでのフレディはどの場面でも様になっていて本当に惚れ惚れしますheart04

ですが、上の動画の6分16秒後あたりの、フレディの首をすくめながら歌う仕草はいつものフレディとは違います。
オッサンの雰囲気が出てしまっています。
思わず「このフレディ、オッサンsign03」と叫んでしまいましたsmile
そう思いませんか~?

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »