フォト

勇気凛々

落ち葉色の猫

小春日和

無料ブログはココログ

おでかけ

2017年3月26日 (日)

3月(カレンダーと誕生日)

あっという間に3月も末になってしまいました。
更新が滞っていますが、Freddiest Familyは皆元気です。

桜が開花し、来週辺りが見頃となりそうですねcherryblossom
毎年この時期はウキウキします(花粉症を除けば・・・)

3月のオリジナル卓上カレンダー ↓

Img_2518_2

フレディがクマのぬいぐるみを抱っこしていて可愛いheart04





さて、3月は私の誕生月でもあります。
先日は、フランス料理のレストランでお祝いをしてもらいましたrestaurant

Img_7860_2

前菜
娘はここの前菜はいつも美味しいとお気に入りです。

Img_7861_2

あさりのクラムチャウダースープ
アツアツのスープ。
乳製品が苦手な私ですが、ここのは美味しくいただけるのです。

Img_7862_2

メインの魚料理。(たしかスズキだったと思う)
付け合わせも美味しいのです。

残念なことにお肉料理を撮るのを忘れましたsweat01
仔牛の煮込み料理と鴨のローストだったかな?

Img_7863_2

デザート
フルーツの盛り合わせとチェリーのソルベ(娘のオーダー)

この辺りから、夫が酔っ払い、私たちは警戒しています。
お店の方が飲み物は何が良いか聞いてきて、夫はいきなり「はーいpaperコーヒーをお願いしまーす」と手を挙げて言うのです。
お店の方は戻りながらクスクスと笑っていたみたいでした。
そして、このチェリーのソルベを夫がいちごと見間違い「あっsign01○○ちゃんのだけ、いちごが多いぞsign01」と大声で恥ずかしい発言bearing
娘「・・・」
「違うでしょ~これはソルベでしょ」と説明した私。
夫は自分の間違いに気づき「あっ、そうなのsign02やだね~せこいね~」と大笑いで返事をしていましたcoldsweats01
この会話もお店の人に聞こえていたと思います。
夫はいつも酔っぱらうと何かしらハプニングを起こしますので、お店の人は「またこの人sign01」と免疫がついてきたかもしれませんね。
ま、夫のお陰で(?)楽しい時間を過ごせました。

Img_7865_2

夫と娘がお店の方に誕生日と伝えていたので、私のお皿にはHappy Birthdayの文字と花火がshine
嬉しい心遣いです。

Img_7868_2


Img_2500_2

お店の人に撮ってもらいましたcamera


Img_2497_2

娘からもらったプレゼントpresent
私の好きな色がオレンジなので、こんな感じにしてくれたそうです。



アラフィフともなると、誕生日は微妙な気持ちになりますが、皆健康で何事もなく誕生日を迎えられることに感謝ですね。
皆、ありがとう~happy01


2016年8月28日 (日)

英国旅行記 Part7

英国旅行記の続きです。

英国旅行記 Part1はこちら

英国旅行記 Part2はこちら

英国旅行記 Part3はこちら

英国旅行記 Part4はこちら

英国旅行記 Part5はこちら

英国旅行記 Part6はこちら



イギリス滞在4日目。

午前中はお土産を買いにコヴェントガーデンへ行きました。

Img_5045



こんなパフォーマンスも見られました。

Img_5046

娘が高校生の頃、イギリス土産に買ったという可愛い紅茶のお店があると言うのでまた行こうと探しましたが、現在はネット販売のみになってしまったようで、お店はなく残念でしたweep




その後、昼食を兼ねて再びウェンブリーのQueenファンの方が経営しているというお店へ移動しました。
英国旅行記Part2では休日で入れなかったと書きました。)
せっかく来たのだから行かなきゃねwink

この日はちゃんと営業していましたよ。
常連客らしい人もいて、とても賑わっていましたdiamond

お店のメニュー表にもフレディがsign03 ↓

Img_5047




店内の壁にはQueenに関係したものばかり飾られていました~これには娘大興奮sign03
 ↓

Img_5049

Img_5048

Img_5054

Img_5055

Img_5058




とっても忙しそうでしたけれど、オーナーらしき方が私たちのテーブルに来てくれましたので、急いで日本から来たQueenファンだということを伝えました。
オーナーの方は9月に日本公演があることを既にご存知だったようでした、さすがQueenファンですgood

そして店内に飾られているQueenに関するものを説明してくれました。

下は写真と思いきや、絵だそうですsign01あまりに上手でこれには私達もビックリ~ ↓

Img_5064



ちなみに、ここでいただいた食事はこちらです。量がたっぷり美味しかったです~ ↓

Img_5061


Img_5062


Img_5063



最後にオーナーの方と娘のツーショットcamera ↓

Img_5059

帰り際にQueenのファンクラブの場所を教えてくれました。(行きませんでしたけれど)
お忙しい中、ご親切にしていただきありがとうございましたhappy01




そしてこの日はイギリス最後の晩で、明朝の帰国に備え早めに休みましたsleepy

帰国時のヒースロー空港です ↓

Img_5065

Queen中心のイギリス旅行、楽しかったですhappy01
時差ぼけのせいか、帰国後1週間くらい寝坊してしまいましたwobbly
またいつか行きたいな~

最後はざっと書いてしまいましたが、英国旅行記の記事にお付き合いいただきありがとうございました~

2016年8月19日 (金)

英国旅行記 Part6

英国旅行記の続きです。

英国旅行記 Part1はこちら

英国旅行記 Part2はこちら

英国旅行記 Part3はこちら

英国旅行記 Part4はこちら

英国旅行記 Part5はこちら




前日は郊外のコッツウォルズへ行きましたが、この日は朝からロンドン市内を巡りました。

朝食を食べて出発~

バッキンガム宮殿crown ↓

Img_4986

「これがバッキンガム宮殿ね~」と皆写真撮影していましたcamera
衛兵交代式が毎日1回行われ観光客にとても人気があるのですが、時間の関係で見られず残念sign01




ウェストミンスター寺院 ↓
Img_4992


Img_4993




ビッグベンの前で娘はこんなポーズで撮影しました。
というのも、KISSのジーンがこの場所で同じポーズで撮影していたので真似したそうです。
微妙に位置が違うなど、何度も撮らされました笑 ↓

Img_5025

同じでしょうか? ↓

Img_3079_2

調子に乗ってこんなポーズも ↓

Img_5029

本当に同じだわ ↓

Img_3077_2

「何やっているんだ?」という目で見られても、娘は気にしませんcoldsweats01




テムズ川とロンドン・アイ ↓

Img_4994




トラファルガー広場 ↓

Img_4998




Queenの「A kind of magic」のPVを撮影した場所 ↓

Img_4996

PV ↓

Queen_magic01




ロンドン塔 ↓

Img_5006




ロンドン塔からすぐ近くにあるタワーブリッジ ↓

Img_5007




午後はケンジントンガーデンへ移動しました。
公園の中にあるアフタヌーンティーをいただけるお店を予約しておきました。

ケンジントンガーデン ↓

Img_5009



楽しみにしていたアフタヌーンティー ↓

Img_5013


Img_5015

私も娘も甘党ではないので、一番下のサンドイッチが一番おいしかったです。
(夫は甘党)

Img_5011

紅茶も色々種類が選べてとても美味しかったです~
その後茶柱が立ちましたsign01

日本人は私たちの他に一組だけしかいなかったみたいでした。
お店の方も優しくてとても感じの良い素敵なお店でしたよgood



公園の中にあったヴィクトリア女王碑 ↓

Img_5021




その後、娘の希望で再び歩いてQueen関係の地へ。

ブライアンが通ったインペリアル・カレッジ ↓

Img_5023

ここで天文学を学んだのね~




ロイヤル・アルバート・ホールの前で、Queen結成前のスマイルが撮った写真のロジャーを娘再び真似して(なぜかミック・ジャガーのTシャツ) ↓

Img_5030

これです ↓

Queensmile

ロジャーの左にいるのはブライアン。




最後に地下鉄に乗って、フレディが通ったイーリング・アート・スクールへ行きました ↓

Img_5040

ここで、娘は「私は日本から来たフレディ・マーキュリーのファンなのですが、中にあるFreddie's Barに入れますか?」と聞きましたが、アポをとっていないと無理だそうで断念しました。
断られがっかりしていたところ、先生らしき人に「あなたはここで学びたいのですか?」と聞かれていましたよ笑
フレディが通った学校へも行くことができ、娘は大満足でしたheart04

次回に続きますpaper

2016年8月18日 (木)

英国旅行記 Part5

英国旅行記の続きです。

英国旅行記 Part1はこちら

英国旅行記 Part2はこちら

英国旅行記 Part3はこちら

英国旅行記 Part4はこちら




イギリスへ来て3日目はオプショナルツアーを利用し、ロンドン郊外のコッツウォルズへマイクロバスで観光に行きました。

コッツウォルズは、石灰石でできた建物がはちみつ色で美しいことから観光名所として知られています。
住民たちは家の補修に際しはちみつ色の美しい景観を保つ努力をしているそうです。

この町の歴史は古く、ローマ帝国時代から現存する道路が現存していて羊毛で栄えました。
一方で、清教徒革命といった血生臭い歴史もこの町であったそうです。

まずはバイブリーという町へ到着bus

Img_4943

川の水が透き通っていましたshine

Img_4951

「運が良ければ黒鳥も見られる」とのこと、数分後に会えてラッキーgood

Img_4955

とっても可愛いお家。実際に住んでいることに感動しました~




次に訪れたのはボートン・オン・ザ・ウォーターです。
この町はお店が多く立ち並び、沢山の観光客で賑わっていました。

Img_4961


Img_4962

Img_4963

ちょうどお昼時だったのでガイドさんお薦めのカフェでスコーンをいただきましたrestaurant
あちらでのスコーンのポピュラーな食べ方は、先にクロテッドクリームというコクのあるクリームを塗った後、その上にストロベリージャムを塗るそうです。
イギリスならではのスコーンをここで初めて食べることができて、とても美味しかったです~
かなりの量でお腹いっぱいになりました。




次に訪れたのはストウ・オン・ザ・ウォルドです。

教会です ↓

Img_4966

Img_4964

ステンドグラスが綺麗でした。

Img_4965

教会の裏手の扉を挟むように二本の大木が立っていて、とても風情がありました。


最後はチッピング・カムデンです。
古い家々が立ち並んでいて、ここの建物の壁は同じはちみつ色でも一番濃い色でした。

Img_4969


Img_4970

マーケットの跡。


Img_4978_2

教会です。


Img_4981

奥には羊がいました。




ここで余談ですが。
イギリスでは日本のようにどこにでもトイレがあるわけではなく、あったら行っておいた方が良いとのアドバイスを受けました。
コッツウォルズでも有料のトイレがありましたが、特別綺麗というわけではなく流れも悪くトイレ事情はあまり良くなかったです。
日本のトイレが一番便利で綺麗なのではないでしょうか?

この日も沢山歩き周りましたので、帰りのバスの中では皆さんグッスリ眠っていたようです。
本当は3時間はかかる距離なのに2時間という速さで帰ってきました。
行きも帰りも気になっていたのですが、バスの運転でかなりスピードが出ていたと思います。
運転手さん、運転に相当な自信があるのかしら~と夫と話していましたcoldsweats01

でも、お陰様で素敵な街巡りができて良かったです~happy01

この続きは次回またpaper

2016年8月14日 (日)

英国旅行記 Part4

英国旅行記の続きです。

英国旅行記 Part1はこちら

英国旅行記 Part2はこちら

英国旅行記 Part3はこちら




ウェンブリーからまた列車に乗って、今度はロンドン中心部へ向かいました。

コヴェントガーデン ↓

Img_4844


Img_4845




ピカデリーサーカス周辺

エロスの像 ↓

Img_4858

顔隠すの大変だった・・・ ↓
 
Img_4859

ハイブランドのお店が立ち並んでいましたよ~~

娘が言うには「この辺にQueenが初期にレコーディングを行ったトライデント・スタジオがある。」とのことで、探しに行きました。

ありましたsign01

トライデント・スタジオ ↓

Img_4863

Queenがレコーディングした曲 ↓

Img_4864




ミュージカル「We will rock you」が行われたドミニオンシアター ↓

Img_4865

娘が前に来た時にはフレディの像があったらしい(バスに乗っていたため足元しか見えなかったcoldsweats01
こんな感じ ↓

Af961327_942long

今は、ロジャーの家の庭にあるとのことです。




大英博物館(同じく顔隠すの大変だった・・・というか、やり過ぎて止まらなくなった笑笑笑) ↓

Img_4866

ロゼッタストーン ↓

Img_4870


Img_4871

スフィンクスの髭 ↓

Img_4891

パルテノン神殿の装飾(たぶん?) ↓

Img_4907

ヴィーナス ↓

Img_4909

と、一応観光もしました。

この日は歩きすぎて本当に疲れました~~

次回に続きますpaper


2016年8月12日 (金)

英国旅行記 Part3

英国旅行記の続きです。

英国旅行記 Part1はこちら

英国旅行記 Part2はこちら




マダムタッソーの後、近くのロックグッズが売っているお店に行きました。
このお店は、娘の友人がQueenのマグカップをお土産に買ってきてくれた際のレシートの住所を頼りに探したお店です。
別の友人もイギリスへ訪れた際に「フレディがいたよsign01」とこのお店の写真を送ってくれて、イギリスに行ったら是非行ってみたいと思っていました。

Img_4823_convert_20160811224712


Img_4824_convert_20160811224748

フレディがいましたsign03 ↓

Img_4825_convert_20160811225507




お店に入ると、なんと娘を待っていたかのようにQueenのミルトンキーンズのLIVE映像が流れていましたnote

娘が喜びそうなグッズが沢山売っていましたよ~

Queenの直筆サインが入っています。なんと、2950£sign03 ↓

Img_4827_convert_20160811225932




ブライアンのレッドスペシャル、ロジャーのドラム、ジョンのベースのミニチュア版 ↓

Img_4828_convert_20160811230236

娘はTシャツなど約80£ほど購入しました~
日本人スタッフの方もとても親切でしたよ。


その後再び地下鉄に乗り、Queenの最後のツアーが行われたウェンブリースタジアムへ行きました。

娘、再びお決まりのポーズで ↓

Img_4840_convert_20160811232447

ああ、ここでフレディが歌い、あのLIVEが行われたのね~
DVDの映像を思い出しながら感慨に耽っていました。

娘が「ウェンブリーにQueenファンが経営しているカフェがあるので行ってみたい」と言うので住所を調べ行きました。

ありましたが、この日はお休み~~残念crying

お店の写真 ↓

Img_4842_convert_20160811232527

夫「また来ればいいじゃん」
娘「いいのsign02
私「また来るのsign02

と、別の日にまた来ることに決まりましたcoldsweats01




この後、他にも行きたい場所があるとのこと、沢山歩きましたsweat01
この続きはまた後日paper

2016年8月 5日 (金)

英国旅行記 Part2

前記事の続きです。

英国旅行記 Part1はこちら


イギリスでの2日目その1です。

ホテルでの朝食はイングリッシュブレックファーストです。

Img_4734_convert_20160805214934

シイタケのソテーに驚いたのですが、イングリッシュブレックファーストの定番らしいです。
前の記事にもイギリス料理は美味しくないと書きましたが、ここのホテルの朝食は美味しかったですgood
前の晩の食事ががっかりするようなものでも、朝まともな食事が食べられたので持ちました笑


さて、朝食後は地下鉄専用のオイスターカードで地下鉄に乗り、マダムタッソー(蝋人形館)へ行きました。

地下鉄 ↓

Img_4737_convert_20160805215543

日本の地下鉄と比べると車内がとても狭いsign01
日本のラッシュアワーだったらとても対応できないでしょうね。


ベイカーストリート駅前でのシャーロックホームズの像 ↓

Img_4758_convert_20160805215828

マダムタッソー ↓

Img_4762_convert_20160805220051

入館には持ち物検査がありましたが、予約しておいたのですんなり入館できました。

ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリーと娘 ↓

Img_4774_convert_20160805221347

マリリン・モンローと夫。美女と撮って上機嫌notes ↓

Img_4777_convert_20160805221650

私もオードリー・ヘップバーンと撮ってみました ↓

P1040702

ロイヤルファミリーcrown ↓

Img_4784_convert_20160805221918

洋楽アーティスト達note ↓

P1040703

ビートルズ ↓

Img_4786_convert_20160805221941

そして今回の一番のお目当て、フレディheart04 ↓

P1040706

P1040705

調子に乗ってこんなポーズまで ↓

Img_4793_convert_20160805222109

一応、Living on my ownのフレディを真似して(PVをご存知の方はわかるはず) ↓

Img_5159_2

オリンピックアスリートでは、ボルトがいました ↓

Img_4781_convert_20160805233502

他にも沢山の著名人(の人形)と写真を撮ったのですが、どれも本物とそっくりeye実際にそこに居るかのようでした~

長くなってしまったので今回はここまで。
続きは次回またpaper


2016年8月 3日 (水)

英国旅行記 Part1

今年の夏休みは、憧れのイギリスへ行ってきました~airplane
娘は高校時代に行きましたが、私達夫婦は初めてのイギリス~~happy02




羽田のラウンジで。私たちが乗った飛行機が窓の外に見えましたairplane ↓

Img_1831_2

ヒースロー空港まで約12時間。
足腰が痛くなりましたsweat01




ホテルの部屋 ↓

Img_1832_2

ホテルはクラッシックなインテリアで良いのですが、水回りがね・・・
トイレの水は流れにくく、シャワーもヘッド部分が外せないのでとても不便でしたbearing




着いてすぐ、念願のフレディの家へ向かいましたsign01
なんと、ホテルのすぐ近くなので歩いて行きましたよ。

娘、憧れのフレディの家の前でheart ↓

Img_1834_2

ず~~っと、ず~~っと行きたかった場所なので、大興奮でしたsign03

厳重な柵に囲まれて中はほとんど見えませんでした。
きっとフレディがこだわった日本庭園が残っていることでしょうね。
他のファンも訪れていましたよ。

私達もしばらく家の前にいました。



その後、Queenが1977年にコンサートをやったアールズコートに行きました。
「この辺なんだけど~」と探しても見当たらず・・・
それもそのはず、その場所は工事中でしたthink

でも初日からフレディの家を実際に見られたのだから、旅の疲れも忘れたくらいとってもHappyな気分でしたheart04





夕飯は、イギリス定番料理のフィッシュ&チップス~~
娘はオーストラリアのホームステイで食べた時「脂っこくて食べられない」と言っていて、今回も食べませんでした笑

Img_1840_2

食べかけの写真でごめんなさい。
たしかに・・・脂っこくて味が無い。
後で知ったのですが、イギリス人は基本的に料理をせず買ってきたものを食べていて、下味をつけておくなどの概念がないらしいです。
ただ加熱して出来上がった料理を並べ、各自食べるときに調味料をかけるといった感じです。

このお店のパスタ料理とかはまあマシでした。




イギリスは20時くらいでも明るく、時間の感覚が麻痺してしまいます。
初日は長い移動時間もあり、疲れたせいか、皆すぐに寝てしまいましたsleepy

この続きは後程またpaper

2014年4月30日 (水)

群馬土産でこれ?

cherry Freddiest Familyのブログへようこそ cherry


そういえば、4月の終わりだというのに、いつもの娘のオリジナルカレンダーをUPし忘れていました。
遅いけれど、一応UPします。

P1030639_640x480





さて、娘が大学の学科で親睦を深めるため(?)、新入生合宿に行ってまいりました。

場所は群馬県水上温泉。
部屋はまあまあ綺麗で、部屋の窓からの景色は、下に川が流れていてとても風情があって良かったそうです。
宿では、皆でゲームをやったりと楽しかったみたいですよhappy01

そして世界遺産に登録されるとかで、今、話題の富岡製糸場にも見学に行ってきたそうです。
歴史の教科書に工場で女工さんが働いている写真が載っていたのを思い出しました。

この日はテレビ局のカメラが入っていたそうで、娘がストールのレースが絡まって必死に取り外しているところをテレビカメラにぶつかりそうになったと話していました。
その翌日のテレビで富岡製糸場のニュースが報道されていましたので、映っているかもしれないと急いで録画していたら、夫が「そんなところはカットされているでしょsign01」の一言coldsweats01
夫の言う通りでしたdown

ここではかいこチョコというお土産が売っているそうです 

A0290852_2384956

結構リアルですsweat02
いただくのが可哀そうな感じ?

葉の部分は桑の葉パウダーを使用していて、お抹茶のような渋い味で、お蚕様にはクッキーとクランベリーが合わさって、さくさくした食感だそうです。
話題になること、間違いなしですねgood




かいこチョコは買ってきませんでしたが、こんなものを群馬のSAで買ってきました ↓

P1030637_640x480




P1030638_640x480_2

裏 



The Rolling StonesのDVDです。
「60年代の代表曲を網羅した音楽ドキュメンタリー&ライブ映像集sign03」と書いてあります。

若かりし頃のメンバーのライブ映像が見られ、特にエド・サリヴァンショーで演奏した時のキースがとっても可愛くて、娘は何度も戻しては見ていましたheart

Ruby Tuesday

上の動画で、始まって20秒後あたり、キャーキャー叫ぶファンに向かって笑顔を見せるキースのあどけなさに注目です。

ストーンズの楽曲について(特にギターのフレーズを実際弾きながら説明するところ)、音楽プロデューサーや評論家の話も聞けて良かったです。





学校の皆は群馬の蒟蒻をお土産に購入していたのに、うちの娘はこれか~
でも、こんなに良いものが群馬のSAで売っていたとねsign01
演歌のCDやDVDの隣にあったというから、掘り出し物ですよねshine
これから遠出をした時には、SAの売り場もチェックしようと思います。

2014年3月 2日 (日)

最近のこと♪

cherry Freddiest Familyのブログへようこそ cherry


久しぶりの更新です。

我が家の娘、最後の一校は結果待ちですが、とりあえず入試は全部終了しました。
大雪が降ったりと大変な日もありましたが、風邪やインフルエンザ、ストレスにも負けず、今のところ本人の満足のいく結果を得られ良かったですhappy01
沢山の応援メッセージをいただきありがとうございましたsign01

さて、入試も終わりホッとしたところで、夫の実家に帰省してまいりましたairplane
去年は受験を控えていて帰省しなかったので、久しぶりの対面で大喜びしておりましたnotes

P1030430_640x480

松山市内を走る路面電車 



P1030435_2_480x640

中国料理を義父母と一緒に食べた後の夫と娘 
夫は紹興酒を飲みましたが、何故か行進runをしませんでした(笑)
後で気付きましたが、娘の格好、ミック・ジャガーっぽいsign01


 

P1030437_640x480

鯛めし 



P1030442_640x480

じゃこ天 



自宅用にみかんづくしのお土産を購入し、今日のおやつにいただきました。

P1030443_640x480

P1030444_640x480

P1030445_640x480

温州みかん入りの一口サイズの羊羹とポンジュースチョコ 
ほのかにみかんの苦みが感じられ、おいしかったですdelicious



そして、恒例のカラオケ~karaoke
これよ、これsign03
娘が何ヶ月も待ちに待った行事です。

全部は無理ですが、娘と私の歌った曲の画面です 

定番のQueenから 

Img_0194_2

Img_0198_2


次はコンサートが待ち遠しいThe Rolling Stones 
Stonesのカラオケは、CDの音に忠実でした。


Img_0190_2

Img_0183_2

Img_0184_2


最近はまっているKISSも歌いましたよ~ ↓

Img_0188_2

Img_0189_2




Rainbowも歌いました 

Img_0181_2

Img_0185_2_2


3時間半のカラオケの締めの曲はなぜかこちらです 

Img_0201_2

Img_0202_2

まあ、娘の大好きだった牛五郎もいましたからね(笑)

今回は私もかなり歌いましたので、喉がガラガラです~
いいストレス発散になりましたpunch