フォト

勇気凛々

落ち葉色の猫

小春日和

無料ブログはココログ

そっくりさん

2017年12月 8日 (金)

LA Connection~Gates of Babylon

Rainbow初期のロニーはとっても可愛いheart04

LA Connection~Gates of Babylon

どちらもロニーの歌声が存分に発揮されている曲ですね。

LA Connectionから

冒頭のリッチーのポーズがあまり決まっていないcoldsweats01

そして、始まって20秒後でドラムのコージー・パウエルの短いTシャツが気になります。
この人、短いのを着るのが好きみたいで背中が丸見えなのです。
あと、スティックの叩き方がやたら派手でカタカナのハの字という印象coldsweats01
もうひとつ、コージーの顔の中身って、ローマ字のTって感じ?
パーツが寄っているってことです。
意味、分かるかな~

ロニーはひたすら目を閉じて親指と人差し指をこすり合わせて歌っているのが可愛いheart04

リッチーは、ロニーがお気に入りなのでやたら嬉しそうに見えます。
特に、ギターソロ(2分15秒後あたり)の中で、いきなり「ウェイsign01」と言っているように見えるのがおかしいですsmile

キーボードの、後ろから見ると女性と思いきや髭の人は、誰かに似ているな~と眺めていたら、わかりましたsign01
ギターで有名なCharです。
横から見ると首が太い辺りがそっくりです。

Char ↓

540c0703

なんとなく・・・ね。




Gates of Babylonから

この曲では、こちらの動画でのロニーの声にスタジオ版の演奏をかぶせてあると思います。
Gates of Babylonは、私達親娘がカラオケで必ず歌う曲ですが、歌い終わった後はかなり疲れます。
ちなみにLA Connectionも歌いたいのですが、カラオケにないcrying

さて、動画を見て気付いたところを簡単にまとめました。
7分30秒後から、ロニーの顔がドアップになります。ドアップになる瞬間、下を見ながら歌い始めるところが素敵heart
7分39秒後の「but」と歌うところでカッっと目を見開きます。

8分6秒後からリッチーのギターソロが始まりますが、カメラ目線が怖いcoldsweats01
8分10秒後が一番怖い瞬間です笑
このギターソロはしばらく続くのですが、リッチーは絶えず口を動かしていています。
8分22秒後では、「パパパパ~」と歌いながら恍惚とした表情になっています。

なんか、いつもながら話が音楽から逸れてしまったようで、肝心のロニーについてあまり書けなかった~

2017年8月13日 (日)

We rock!

我が家でのロニー熱はまだまだ冷め切らない模様です笑

今までもDIOのWe rockを紹介しましたが、このLiveのWe rockはめちゃくちゃかっこいいですsign03

We rock

1986年のフィラデルフィアでのLiveです。
We rockはこのLiveでのラストの曲で、最初から相当な盛り上がりで、曲の後半ロニーが観客に向けての掛け声が最高潮になるところがかっこいいsign03

ちなみに、ドラムはBlack Sabbath時代から一緒のヴィニー・アピス、ベースはRainbow時代も一緒に活躍したジミー・ベイン、ギターはこの年から入ったクレイグ・ゴールディです。

ここで久しぶりに、Freddiest Family恒例の「そっくりさん」を紹介したいと思いますsmile

ギターのクレイグ・ゴールディが何人もの有名人と似ています ↓
・弾いている仕草がエディ・ヴァン・ヘイレン
・顔がVan Halenのボーカルのデイヴ・リー・ロスとAerosmithのボーカルのスティーブン・タイラーのミックス

他にもまだまだかっこいいLiveがた~くさんあります。
後日UPしますね~notes

2016年5月13日 (金)

BS洋楽グラフィティー 60'から Part5 & KISS

少し前に娘がKISSのポール・スタンレー自伝、ジーン・シモンズ自伝を購入しました。
2冊ともプライベートな内容が書いてありますので読む価値ありですgood

51rr3av23rl__sx356_bo1204203200_

529922

ポールの自伝にも書いてありましたが、ジーンは相当切れ者らしいですshine
見た目も強そうですが、自分のポリシーをしっかり持っている人らしく、ポールがメンタル面で不安定な頃、ジーンに支えられていたらしいです。

それにしてもジーンの女性遍歴のすごいことといったら、もうビックリです。
呆れます笑




後日、例の「BS洋楽グラフィティー'60」をいつも通り観ていたら、娘が「この人ジーンが昔付き合っていた人だsign03」と言い出しました。

Sonny and Cher 「I got you babe」

上の動画だったかどうか、忘れましたが、たぶんこれだったと思います。
左の面長の女性がその人(シェール)です。
自伝にシェールについての項目があったので、よほど親密だったのでしょう。

ジーンとシェール 

5a92ea4585ba534dfa53ab9f48afb1d8


Genesimmonsandchersharinganclair





そして面白いのが、ポールがシェールと似ていると言われていたらしく、ポールもツイッターでこんなのをUPしたらしいです ↓

Jax3zkxbguadpusavz5k3a

この二人、面長が共通点のそっくりさん。
ジーンとしてはポールの顔を見るたびにシェールを思い出してしまい、微妙かもしれませんねcoldsweats01

2016年5月 7日 (土)

BS洋楽グラフィティー 60'から Part3

BS洋楽グラフィティー 60' Part2の続きです。

The Doors 「Hello, I love you」

冒頭に目の前に登場する女性、ダンスをするなど、他の場面でも度々登場します。
この人を見て娘が「ピーターsign02」なんて言い出しました笑
夫も私も思わず噴き出し「似てる、似てるsign01」と叫んでしまいました。

2062371_2015111605172360014476653_2

そして、このHello, I love youを聴いて、娘が「The Kinksの曲に似ている」と言っていたので下にUPしました。

The Kinks 「All day and all of the night」

少し調べましたら、The Kinksの方が先に出していたみたいです。The Doorsが真似したのではと言われていたそうで、The Kinksもそれを知っていたらしいですが、訴えるつもりはないとのこと。
The Doorsのギタリストは、The Kinksの曲よりCreamのSunshine of your loveに影響を受けたと言っていたそうです。

Cream 「Sunshine of your love」

私達はやっぱりThe Kinksの方が似ていると思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?

2016年5月 5日 (木)

BS洋楽グラフィティー 60'から Part2

前回の記事BS洋楽グラフィティー 60'からの続きです。

こちらのバンド、私は知らなかったのですが・・・
ボーカルの人の映像を見て、娘も私も一瞬言葉が出ませんでした。

The Rascals 「How can I be sure」

おわかりいただけましたか?
そうです、あのフレディの若い頃にそっくりなのです。
もう少し限定すると、30代の髭無し時代です。
夫もすぐに気が付いた程の激似sign03
歯の出具合も似ています。

フレディ ↓

1978_1101_000000freddiefreddiemercu


2011_0821_132921pn017133




後日、また別のvolでThe Rascalsが流れました ↓

The Rascals 「People got to be free」

最初の動画ほど、似ていなかった・・・
共通している点として、タンバリンで盛り上がっていました。
こちらの映像ではフレディにあまり似ていなかったのが残念ですが、ドラムの人がポール・マッカートニーに似ていました。
新たなそっくりさんが発見できて嬉しいsign03

2016年2月 6日 (土)

インストゥルメンタルといえばこの人

NHKFM「今日は一日ヘビメタ/ハードロック三昧」で、インストゥルメンタルの曲も紹介されていました。

Yngwie Malmsteen 「Evil eye」


あのグラハム・ボネット率いるバンド、アルカトラスのメンバーでした。
デビューは1983年で、凄いギタリストがデビューしたと話題になっていたのを覚えています。
クラシックの要素を入れたギターの速弾きに圧倒されます。
(あ、それとイングヴェイは昔は可愛かった)

上の動画は新日本フィルハーモニー交響楽団とのコラボのようです。
ギタープレイとクラシック楽団との融合が素晴らしいですねsign01

下は、アルカトラス後にイングヴェイが結成したRising Forceというバンドの曲です ↓
(インストゥルメンタルではありませんが)




アルカトラス時代の日本公演です ↓

Alatrazz 「Too young to die, too drunk to live」

どうでもいいけれど、このグラハム・ボネットは横山やすしに似ている?
あと、イングヴェイの口をとがらせる表情が、時々リッチー・ブラックモアと似ている時があります。

2015年8月21日 (金)

笑う洋楽展(ボーダー特集)

cherry Freddiest Familyのブログへようこそ cherry

先日(だいぶ前ですが)、録画しておいた「笑う洋楽展(NHK/BS)」のボーダー特集を見ました。

ボーダー特集では誰が出るのだろうと予想していましたが、我が家ではQueenのウェンブリーでのロジャーしか思いつきません。

Th


Th_2

あいにくロジャーは紹介されませんでしたがweep、思わぬ人についてみうらじゅんさんがおっしゃっていました。

番組の最後に紹介されたバンド、REOスピードワゴンのピアノ兼ボーカルの人です。
この人のことを、みうらじゅんさんが「ジョン・ディーコンに似ている」とおっしゃっていたのです。
我が家でも前から「ジョンに似ている」と言っていましたので、同じ様に感じている方がいて嬉しかったですhappy01

REOスピードワゴンのケヴィン・クローニン ↓

02_2

そして、Queenのジョンです ↓

Th4_2

Th_4

いかがですか?似ているでしょ~




そういえば、その後の「おでこ特集」を録画したのですが、変更があったらしく見られませんでしたdash
録画予約は便利ですが、こういう時困りますよね。
どなたが出たのか、我が家では予想していたのですが・・・(EW&Fのボーカルだと思う・・・)

Th5

当たっていれば嬉しいsmile

2015年5月31日 (日)

久しぶりにそっくりさん!

cherry Freddiest Familyのブログへようこそ cherry

ひさしぶりにそっくりさんネタです。

始めはこの方 ↓

Yjimage_2

Van Halenのデヴィッド・リーロスですね~
この人、インタビュー中、よく喋ります笑
黙っていられないっていう感じです。

そっくりさんは・・・

201101272105_4

ハイキングウォーキングのQちゃんです。
写真ではそれほど似ていないのですが、デヴィッド・リー・ロスの喋っている時の表情が似ているような気がします。



次はブライアン・メイsign01

Photo_5

誰に似ているかって、のっぽさんではありませんよ~

のっぽさんです 

14

いえいえ、もっと似ている方がいらしたのですよ~

Photo_6

なんと、ケリー国務長官sign01

夫は似ていないと言うのですが・・・
でも、夫は人の顔の似ている似ていないの認識力が低いので、私たちの方が確かだと思いますconfident
いかがでしょうか?

2014年7月27日 (日)

80年代METAL(そっくりさん)

cherry Freddiest Familyのブログへようこそ cherry

先日、「洋楽倶楽部」(高嶋政宏さん、伊藤政則さん出演)を観ました。
以前録画して前にも観たのですが、どんなだったか忘れてしまったので復習です。

その中で、懐かしかったバンドをご紹介します。

Judas Priest 「Breaking the law」

Judas Priestの曲については、「背徳の掟」というアルバムが当時家にあって、それを聴いたくらいであまり詳しくは知りません。
ツインリードギターが特徴のヘビーメタルバンドです。
昔の映像を見るとまだヴォーカル(ロブ・ハルフォード)は可愛かったかもhappy01
そして、私たち親子の悪い癖がまた始まりました。

「この人、誰かに似ている・・・」

「分かったsign01

Photo

TKOの木下さん 

お二方に叱られそうですが(笑)
特に始まって56秒後くらいからの表情が似ていると思います。
おちょぼ口とヘアスタイルが似ているのかな~

最後にアルバム「背徳の掟」より、最近のジューダス・プリーストの動画です。
やはり目がいってしまうのはヴォーカルの人。かなり怖く進化しています。
この曲は当時このアルバムの中で一番気に入っていた曲です。中でもギターソロの箇所について、何十年経っても覚えているんだ~ということに自分でも驚いています(笑)
ヴォーカル(ロブ・ハルフォード)の声が少し聞こえにくいかも?
ずっとバイクにまたがって歌っているのは歳のせいなのでしょうか?立って歌うと疲れるものねkaraoke

Freewheel Burning live 2009 ↓


2014年7月 6日 (日)

懐かしの70~80年代洋楽 小ネタ

cherry Freddiest Familyへようこそ cherry

7月です。

娘の卓上カレンダー 

P1030728_640x428

今月は、Queenのブライアンとロジャー、The Rolling Stonesのミックの誕生日が控えていますねbirthday



遅くなってしまいましたが・・・
6月末は我が家の愛犬コロの12回目の誕生日でしたbirthday

P1030712_640x428

 先日の雷雨(都内でひょうが降った日)を怖がっているコロdog




P1030710_428x640

 ようやく仕上がった、日本刺繍のコロ作品





コロは人間でいえば60歳を越えているそうなので、健康管理には一層気を付けなければ~と思っています。





70~80年代の洋楽グラフィティを見て、面白かったビデオです。
(正確には、バリー・マニロウ以外は洋楽グラフィティで流していたビデオではありませんが) ↓

↑ Barry Manilow 「Copacabana」

懐かしいですね。
バリー・マニロウの脚が異常に長いですsign01
歌いながらの振り付け動作になんか違和感を感じます。「この人、上半身と下半身繋がっているのか?」「腰が悪いんじゃない?」など、家族で言いたい放題でした。
2分9秒後あたりで着替えるために一旦裏へ引っ込み、間奏後2分32秒後あたりで再び登場するのですが、手の動きが謎で大笑いしましたsmile娘が「ウルトラマンの動き」と言いましたが、夫に「ウルトラセブンだ」と教えてもらいました。
ちなみに・・・どうでもいい話題ですが、夫は、ウルトラマンシリーズの中でウルトラセブンが一番好きなんだそうです。






↑ Duran Duran 「The Reflex」(Live Aid 1985から) 

私が高校生の頃に流行った大人気のバンドでしたね。
その頃はもっとヘビーなのが良かったのであまり興味がありませんでしたが、今聴くとまあまあ良いです。
「ヴォーカルの人が誰かに似ている」という話でいつの間にか盛り上がり、皆で(というか、娘と私)考えたところ・・・

Th

↑ エルヴィス・プレスリー 



「エルヴィスって、竹内力とも似ているよね~」という話になり・・・

Yjimage

↑ 竹内力

ということで、3人は似ているという意見で一致しました。



↑ Billy Idol 「Rebel Yell」

ご存じの方、いらっしゃいますか?
結構流行っていたのですが、夫は「知らない」と一言。
この人の口を曲げる独特の表情を、娘はすぐに会得しました(笑)
1分38秒後あたりの「Becausesign03」からの歌詞を、表情と振り付けをそっくり真似してくれます。
大笑いし過ぎて、最近「Rebel Yell」が頭から離れられない親子です。

こんな感じ 
Th_2

歳を重ねても、口を曲げる表情は変わらないですねsign01