フォト

デライラの庭

勇気凛々

月と黒猫の夜

チカチロさんは静かに過ごしたい

続しっぽふりふり

小春日和

YUKA-LOG Ra/Ra

無料ブログはココログ

フレディ・マーキュリー(Queen)

2017年4月 7日 (金)

4月

3月のカレンダーを紹介したばかりなのに、もう4月sign01

Img_2545_2

今日の雨で桜が散らないよう祈っています。


4月のオリジナル卓上カレンダー ↓

Img_2561_2

Quuenが初来日したのが4月ということで、こちらを選んだそうです。
フレディが居るのは名古屋城です。
横顔もなんて素敵なんでしょう~heart04

ちなみに、うちの娘はフレディがかけているサングラスと同じタイプが欲しいと言って購入しました。
妙に合っているから不思議。
フレディになりきってかけています。




さて、ようやく見ることができました~sign03

え、何をって?

読者さんに「QueenのKeep yourself aliveがCMで流れている」情報を以前教えていただいたのですが、ずっと見たことがなかったのです。

正確に言うと・・・
夫が朝このCMを見て録画しておいてくれたものを見ることができたというわけです。

最後に「Keep yourself alive」という文字が出て、かっこいい~shineshineshine
娘も私も大喜びしましたhappy02
トヨタ、偉いsign03
今度車買い替えるならトヨタかもね?

Img_8100_2

QueenファンはCMで流れると皆喜んでいるのでしょうね~


2017年3月26日 (日)

3月(カレンダーと誕生日)

あっという間に3月も末になってしまいました。
更新が滞っていますが、Freddiest Familyは皆元気です。

桜が開花し、来週辺りが見頃となりそうですねcherryblossom
毎年この時期はウキウキします(花粉症を除けば・・・)

3月のオリジナル卓上カレンダー ↓

Img_2518_2

フレディがクマのぬいぐるみを抱っこしていて可愛いheart04





さて、3月は私の誕生月でもあります。
先日は、フランス料理のレストランでお祝いをしてもらいましたrestaurant

Img_7860_2

前菜
娘はここの前菜はいつも美味しいとお気に入りです。

Img_7861_2

あさりのクラムチャウダースープ
アツアツのスープ。
乳製品が苦手な私ですが、ここのは美味しくいただけるのです。

Img_7862_2

メインの魚料理。(たしかスズキだったと思う)
付け合わせも美味しいのです。

残念なことにお肉料理を撮るのを忘れましたsweat01
仔牛の煮込み料理と鴨のローストだったかな?

Img_7863_2

デザート
フルーツの盛り合わせとチェリーのソルベ(娘のオーダー)

この辺りから、夫が酔っ払い、私たちは警戒しています。
お店の方が飲み物は何が良いか聞いてきて、夫はいきなり「はーいpaperコーヒーをお願いしまーす」と手を挙げて言うのです。
お店の方は戻りながらクスクスと笑っていたみたいでした。
そして、このチェリーのソルベを夫がいちごと見間違い「あっsign01○○ちゃんのだけ、いちごが多いぞsign01」と大声で恥ずかしい発言bearing
娘「・・・」
「違うでしょ~これはソルベでしょ」と説明した私。
夫は自分の間違いに気づき「あっ、そうなのsign02やだね~せこいね~」と大笑いで返事をしていましたcoldsweats01
この会話もお店の人に聞こえていたと思います。
夫はいつも酔っぱらうと何かしらハプニングを起こしますので、お店の人は「またこの人sign01」と免疫がついてきたかもしれませんね。
ま、夫のお陰で(?)楽しい時間を過ごせました。

Img_7865_2

夫と娘がお店の方に誕生日と伝えていたので、私のお皿にはHappy Birthdayの文字と花火がshine
嬉しい心遣いです。

Img_7868_2


Img_2500_2

お店の人に撮ってもらいましたcamera


Img_2497_2

娘からもらったプレゼントpresent
私の好きな色がオレンジなので、こんな感じにしてくれたそうです。



アラフィフともなると、誕生日は微妙な気持ちになりますが、皆健康で何事もなく誕生日を迎えられることに感謝ですね。
皆、ありがとう~happy01


2017年2月 5日 (日)

2月になりました

更新がなかなかできず・・・
あっという間に2月になってしまいました。

まずはうっかり忘れていた1月のカレンダー(娘のオリジナル卓上カレンダー) ↓

Img_2348_2



2月のカレンダー ↓

Img_2349_2

「なんで2月をこの写真にしたの?」と娘に聞いたところ、「2月に来日した時の写真だから・・・たしかね」と言っていました。本当かどうかわかりませんが、そういうことらしいです。
うつむき加減のフレディ、シャイな感じが出ていていいですねgood



去年購入したKISSの舌出しカレンダーもありましたsign01
日付部分を切り取って使用します ↓

Img_2350_2




前回までのBBCセッションの感想、続けようと意気込んでいましたが、早くもなんか面倒臭くなってきました笑
気まぐれに載せようと思いますm(_ _)m

2017年1月13日 (金)

Queen BBCセッションの感想 Part2

前回に続き・・・
今回もDisc1からです。

Disc1
Liar(1973年2月5日)

まず、1分38秒後くらいからの「Liar~♪」のコーラスの後、フレディが「オ~」とのびやかに歌っていたり、「アウ!」と小声で言ったりしているのが聴くことができます。
3分1秒後からギターとともに歌が入るところなのに、こちらではギターしか聴こえませんね。
3分25秒後からは「Liarsign01」と、ロジャーの張り切ったコーラスが何回も聴こえます。張り切っているというか、怒鳴っているというか笑
とにかくロジャーの元気な歌声ですhappy01
4分27秒後あたりでフレデイが「Mama I'm gonna be your slave」歌っているところは、「beupwardright yourdownwardright」と声が上下しているのが目立ちます。
4分40秒後くらいからの「All day long」の繰り返しでのフレディの声もすごくいいですsign01




Disc1
Ogre Battle(1973年12月3日)

これ、本当にいいです。
小さなライブ会場でフレディがすぐ近くで歌っているかのよう。
まだ若い素朴な感じが可愛いheart04
「~tion」という発音の音がすごく鮮明に聴こえますgood
2分44秒後あたりの「Look out」と歌うところからは、フレディの透き通る声と濁声が交互に交じり合った感じの歌い方となっていて、フレディならではの歌い方のひとつですね。
3分20秒後あたりのギターソロが既存のCDとはまた違った感じです。
その後、3分40秒後あたりから、ギターソロの後のフレディの歌い方も良く、「Forever more~~♪」が一生懸命な感じが出ていて凄くいいですhappy02
Ogre battleはこんな感じでしょうか。




Disc1
Great king rat(1973年12月3日)

この曲はロジャーのドラムの音が乾いた感じでいいですね。
1分40秒後のギターソロが始まる前、フレディの「Let me show」という声が鮮明に聞こえます。
その後のギターソロもいいですね~~既存のCDのソロとはまた違う感じです。
2分30秒後くらいの「dirty old man, dirty old man」と繰り返す歌い方も変えています。
4分16秒後くらいから皆で「Come on, come on the time is right~」と歌い、フレディの「before~」と伸ばすところは最高潮に盛り上がっています。

簡単ですが以上です。

このBBCセッションの中で気になるのが、Queenが一生懸命歌った後のナレーターの声がひどく冷めた感じ。
もっと盛り上がって紹介してほしかったわ~

Part3もできたら書きますpaper

2017年1月 9日 (月)

Queen BBCセッションの感想 Part1

すっかりご無沙汰しておりました。
年末年始のバタバタdashから少し落ち着きを取り戻してきましたconfident

QueenのBBCセッションを購入してから、日数が経っているのにまだじっくり聴けていませんcrying

少しずつですが、感想をUPしますね~

Disc1(録音:1973年2月5日)

My Fairy King

全体的に歌い方が微妙に違っていて、色々試行錯誤して作られた曲なんだなぁと思いました。
フレディが「こっちの方がいい」とか言って、色々変えたのかもねwink

冒頭のフレディが高音で囁きながら歌うところ(←可愛いhappy02、始まって約50秒後あたり)で、フレディの低音の声が重ねて録音されていたのが新鮮な感じがしました。
2分5秒後あたりでも別のフレディの声が聴けて嬉しいsign01
こうしてフレディの違う歌い方を今になって聴けることは、ファンにとって感激ですね。

3分40秒後あたりからのブライアンのギターも、既存のCDとは違ったメロディで弾いていたのも注目すべきところです。



Disc1(録音:1973年7月25日)

Keep Yourself Alive

まず始めに気付いたのが、全体的に歌の区切りごとに単語の最後の音を伸ばしながら歌う傾向があるということです。
2分56秒後あたりの「Do you think you're better everyday~」と、通常ではロジャーが単独 or ロジャーの声が目立つ箇所ですが、こちらではロジャー以外の声も聴けます。多分、フレディとブライアンも歌っているのでは?(ジョンはここでもいないと思う)
3分22秒後あたりからはコーラスの盛り上がりを感じますgood「come on、come on~」のところ辺り。(いい加減な説明笑)




今日はここまでにしますpaper
Part2の感想をUPできるよう頑張ります。

2017年1月 3日 (火)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

2017年もよろしくお願い申し上げますshine

Queenin19741


2016年12月25日 (日)

Merry Christmas!

Merry Christmasxmas

Freddiesanta

皆様はどんなクリスマスをお過ごしでしょうか~




我が家はDVD三昧のプレゼントとなりましたpresent

まずは待ちに待ったこちら ↓

Img_2266_2

サマソニの復習をしました。
Love of my lifeでブライアンが前に出てギターを弾きながら歌い、途中からフレディが映し出され一緒に歌うところがあるのですが、さ~っと鳥肌が立ちましたsign03
もう、最高~~happy02




こちらも家族皆が欲しがっていたもの ↓

Img_2286_2


Img_2288_2


Img_2287_2

こち亀のDVDで、40話入っています。
本当は全話欲しいくらいなのですが、ま、我慢します。
届いてから毎晩のように家族で観ています。
こち亀のキャラクターって、なぜか実在しているかのような錯覚に陥ります。
娘は両さんの敵は皆嫌いらしい笑
(部長は例外)
大笑いするだけでなく、下町のほのぼのとした物語もいいですgood




最後はこちら ↓

Img_2289_2

「はいからさんが通る 全話」です。
大正時代の女の子が主人公の少女漫画ですが、笑える箇所が多くあり、夫も笑っていました。
娘は幼稚園の頃、再放送で見てファンになったのですが、その当時、お友達とごっこ遊びをする時、牛五郎になっていました笑
「おひけえなすって」なんて言ってね笑
如月さんとおじい様、紅緒さんのお父様の真似を、娘と時々します。

そうそう、ものまねと言えば、私、安倍首相の真似が結構うまいと思うのですよね~
かくし芸か何かでできるよう、もっと練習しようsign01

2016年12月11日 (日)

12月 カレンダー

大変お久しぶりの更新となってしまいましたが、早くも12月ですね~

街中はクリスマスイルミネーションで賑わっていますxmas
我が家も、玄関に生ヒバで作ったスワッグ、お部屋にはアーティフィシャルフラワーやキャンドルを、お教室で習ってきたので飾っています。
他にもクリスマスキルトやの日本刺繍の作品でクリスマスの雰囲気を演出していますよ~


さて、12月のカレンダーです。

娘の部屋のKISSカレンダー ↓

Img_2241_2


オリジナル卓上カレンダー ↓

Img_2242_2

こちらもKISSでしたねhappy01




そうそう、Queen「On Air」(BBCセッション)が無事届き、ゆっくりとですが聴いていますnotes
まだインタビューは聴いていないのですが、音楽に関して全般的な感想を申しますと、スタジオ版とは違ってフレディが目の前で歌ってくれているかのような感覚ですheart04
そのうち細かく感想をUPしようかなと思いますhappy01

2016年11月24日 (木)

フレディは永遠だ!!

11月24日はQueenのフレディ・マーキュリーの25回忌です。


2012_0307_223315late2


私がフレディが亡くなったのを知ったのは、OL時代に職場で新聞に掲載されていたのを目をにした時です。
職場の洋楽に興味のなさそうな人でも、カリスマ性があって素晴らしい歌声の持ち主、フレディ・マーキュリーのことは知っていたようで、その場にいた人は皆「そうなんだ・・・」とショックを受けていました。

没後25年が経過した今、その当時のコアなファンだけでなく、フレディ存命時はまだ生まれていない若い層にもファンが絶えません。(我が娘もその一人)
今聴いても、Queenの音楽は斬新で心に響き、これからもずっと愛され続けるだろうと確信しています。

今年はアダム・ランバートのヴォーカルで来日し、多くのファンが歓喜で湧きました。
どうしてもフレディと比べてしまいますが、アダムがQueenをリスペクトしてくれ、Queenのメンバーやファンのために全身全霊を込めて歌ってくれたこと、フレディやジョンがいない今もブラインやロジャーの音楽を生で聴けたことは、ファンにとってとても幸せなことだと思います。confident

フレディもそんな下界の様子を見て喜んでくれていると思います。

先日、フレディのお母さまが94歳でお亡くなりになりました。
先に天国に行ったフレディと「ようやく会えた」と語り合っていることでしょうね。
フレディが亡くなった後のQueenやファンの様子を詳しく報告しているかなぁ・・・

Cd0d274a18b089ac9ee1103954d31849


フレディは永遠だsign03crown


Queen 「No one but you」 



2013_0413_170917freddiemercurypictu


2016年11月21日 (月)

新聞やテレビでフレディが紹介されていました

先日、新聞の文化・文芸コーナーに「フレディ不滅のきらめき 生誕70周年・没後25年 CD化・イベントも」という記事が掲載されていました。

Img_2086_2

記事には、QueenのBBCセッションのCD化発売や11月24日のフレディの命日には八重洲のオンキョーに献花台が置かれるとともにCD試聴会が予定されているとありました。(行きたいsign01
なんと、BBCセッションについては、「フレディの声の、その溜息まで耳に運ばれてくる」と紹介されていました。
(早く聴きたいhappy02

フレディの歌声・独特のパフォーマンスは世界の人々を魅了したこと。フレディの素顔を知るボディガードの伊丹久夫さんと音楽プロデューサーの宇都宮カズさんはそれぞれ「細やかな心配りと思いやりにあふれていた」、「極めてシャイな性格を隠すための過剰な振る舞い」とフレディを語り、宇都宮さんはケンジントンの自宅建築の際の日本庭園を造ったことや日本語の歌詞があることでも知られている「ラ・ジャポネーズ」の日本語の発音の正誤について問い合わされたというエピソードも紹介されていました。

記事の最後に宇都宮さんの「もう一度生まれ変わっても尽くしたい人です。」とあったのが印象に残りましたconfident



そして時を経た今でも廃れることのないフレディの魅力はテレビでも放映されていました。

NHKテレビ「あさイチ」、グッチ祐三さんの洋楽アーティストのコーナーです。

アナウンサーの方もフレディの衣装を着ていました。 
グッチさんは何やらパフォーマンスをやっています。 

Img_2098_2



「I was born to love you」 ↓ 

Img_2094_2




「Killer Queen」 ↓

Img_2102_2


Img_2106_2




フレディ独特のマイクパフォーマンスについても紹介されていました。
他のアーティストのパフォーマンスも紹介されていましたが、それは要らない情報でした、というかその時間が勿体ないのでその分フレディについてもっと紹介して欲しかったです。 

Img_2107_2


「Crazy little thing called love」 ↓

Img_2113_2


Img_2119_2




「We are the champions」 ↓

Img_2123_2




紹介されていた曲は全部で4曲でした。
気になったのが、それぞれの曲を紹介する冒頭の画像が曲と一致していなかったことsign01
上の画像が曲と一致している画像なので見比べてみてください。

Img_2090_2

髭時代の曲なのに違うでしょ~(I was born to love you) 



Img_2100_2

これも時代が違うsign01 


Img_2112_2

これも違うsign03 ↑

Img_2121_2

「RADIO GA GA」の映像でしょsign01 ↑




グッチさんの熱い語りがところどころテキトー感があったのと、有働アナがフレデイにあまり興味がなさそうな感じがしたのが少し気になりました。
でも、この日のゲスト、俳優の生瀬さんが初期のアルバムを持っているらしく、身を乗り出して聞いていたのが意外で親近感を持ちました。

というわけで、このコーナーは何らかの理由で延期されファンが待ちわびた放送なのだから、もう少し丁寧に作ってほしかったです。

より以前の記事一覧